デカ目のパッチリ二重は自力でできる!

デカ目のパッチリ二重は自力でなれる!

二重のデカ目になる方法

デカ目のパッチリ二重に自力でなる!なんてこと無理だなんて思っている人、多いと思います。

まぁ、私もその一人だったんですけどね。

 

 

でも、やっぱり一重より二重で、しかもパッチリとしたおめ目の方が見た目の印象が違うものですよね。

 

 

これまで、自力で二重にするといったら、“アイプチ”などを使用するという方法くらいしかなかったですから、どうしても手っ取り早くタレントやモデルのような二重にするには、整形手術しかなかったですよね。

 

 

アイプチで確かに二重になった人もいるけど、“糊”を使っていると健康上あまりよろしくないケースもあるみたいだし、整形も、プチ整形とかあるけどやっぱり怖い。

 

 

 

でも、自力で二重になる方法なんて、そんな都合のいい二重まぶたになる方法あるわけない!なんて思っていたのは、苦労の末、大学に合格し、夢のキャンパスライフを楽しもうと思っていた男性。

 

それまで一重で目が小さくて、周りからはからかわれるし、あまり目つきも良くみられないから女性にはもてないし・・・。

 

だから、大学進学をチャンスになんとか一重まぶたから二重まぶたに変身して楽しいキャンパスライフを送りたい!

 

 

そう思って、自力で二重に!デカ目になる方法を探しまくり、やっと見つけたその方法で試した結果!

 

 

見事に、デカ目パッチリの二重まぶたに!
それまでの小さな目が嘘のように二重になっています。

 

 

実際問題、自力で二重になることって可能なんですね。

 

 

 

デカ目の二重になるだけで、コレまでと違った自信がついてきますよね。
しかも、整形手術じゃないから、変に後ろめたいこともないですからね。

 

 

自力で二重になることで自分自身に自信が持てて、楽しい大学生活を送れるようになれれば、最高にハッピーですよね。

 

二重のプチ整形より別の方法のほうがいい!?

二重になりたい!って人であれば、一度は、二重のプチ整形を考えたことがあると思います。
ただ、手術というのが怖いし、お金もかかるし、二重になれたとしても、やっぱり友達とかに対して心苦しいというか、後ろめたいというか、自信をもって二重だよ!っていいきれない気がしちゃうんですよね。

 

 

とはいっても、やっぱり二重になりたい。
二重のデカ目になって、かわいくなりたい!って思うんですよね。

 

となると二重のプチ整形じゃなくて、自然に二重になれたら!って思うんです。
実際、そういう方法って、いろいろありますよね。
クローズブログとか見てたら、化粧品とか使っていたら、自然と二重になった!なんて口コミとか見かけたりします。

 

そうなれたらすごくいいなぁ〜って思って。

 

二重の手術なんて、お金もかかるし、時間が経つと元に戻る!なんていうしね。
それに、自力で、自然な二重になれたら、ずっとわたしのことを一重ってバカにしていた友達にコッソリと二重になって、「自然に二重になれたよ!」ってビックリさせることもできちゃいますしね!

 

 

二重まぶたの整形手術は、関東大震災後にブーム

林修先生の初耳学とかって番組で磯田道史氏が出演して、説が初耳学に認定されていました。

 

その説というのが、二重まぶたの整形が関東大震災後に内田孝蔵というお医者様がやり始めたというもの。
元々は関東大震災による被災者で火傷などで傷を負った女性たちの傷を治すということだったらしいのですが、西洋の美人を研究していくうちに、美人は二重!という結論になったみたいで、日本人によくある目頭の部分を切って二重にする術式を作ってやりはじめたんだそうです。

 

最近は、プチ整形なども比較的料金も安くできるようにはなっていますが、そういう手術などをしなくても、目元周りのケアを行う化粧品などを使うことでハリやたるみが改善されて二重になる!ということもあるんですよね。
中でも、ゆんころさんがプロデュースしたことで話題のラピエルってアイクリームが評判なんですよね。塗って寝るだけでOK!ってことでより自然な形で二重になれる人が続出しているそうです!ラピエル